手荒れに悩む季節!お手入れ方法をチェックしておこう!

美肌

手荒れに悩む季節!お手入れ方法をチェックしておこう!

カサカサ、パックリ!手荒れの季節が来た~!

早めにケアしておきたい手荒れ

寒くなって、湿度が低くなってきましたね。秋冬に悩みなのが手荒れ。手先がカサカサしているだけでも、服やタイツにひっかかってしまったり、見た目が気になったりしますよね。荒れが進行すると、なんだか肌がゴワついた感じになったり、ひび割れが起きてしまいます。
どうやってケアしたらいいのでしょう。まとめてみました。

手荒れって何?

手荒れとは、手や指の肌が乾燥して肌のバリア機能が低下、あるいは破綻している状態です。特に寒い冬は、皮膚の新陳代謝が低下したり汗をかく機会も少ないため、バリア機能は万全ではありません。その上、手の皮膚には皮脂を分泌する皮脂腺の分布が少ないため、他の部分に比べると肌表面の角質層はダメージを受けやすい状態なのです。

出典 http://www.skincare-univ.com

手洗い

手荒れの原因は?

日常に潜む手荒れの原因
手荒れの原因は、私たちの日常生活の中にたくさん潜んでいます。水仕事やシャンプー、手洗いなどが大きな原因と考えられています。

出典 http://www.skincare-univ.com

■水仕事

手荒れの一番の原因は水仕事によるものですが、なんといっても洗い物で荒れる人が多くいます。

人間の皮膚は皮脂と皮脂膜によって、外部からの刺激や乾燥から肌を守っています。しかし、洗い物で使用する洗剤は洗浄力が強いものが多いために、手から皮脂や手の油分を奪ってしまう原因になります。さらに冬場などに、熱すぎるお湯で洗い物を行ってしまうことも皮脂を奪ってしまうことになるのです。

出典 http://hapila.jp

■モノに触れる機会が多い

仕事や日常生活などでモノに触れる機会が多い人は、手が荒れやすくなる原因になります。

仕事だと、パソコンを使って仕事を行う人のキーボードを打つ作業や、紙や紙幣などを触る機会の多い銀行員などの人は、手の油分を奪われてしまう機会が多いので、手が乾燥しやすい状態になってしまい手荒れの原因になってしまいます。また、衣服を畳む機会の多いアパレル店員なども油分を失いやすく手荒れが起きることが多いです。

また、日常生活においても洗濯物をたたんだり、お風呂掃除などをすることが多い主婦の方は手荒れが多くなる傾向にあります。

出典 http://hapila.jp

キーボードを打つ手

■自律神経の乱れ

自律神経が乱れてしまうと、体の血の流れが悪くなってしまいがちです。血行不良が起きてしまうと、皮膚に必要な栄養素や酸素を手まで届けることができなくなってしまうのです。そうなると刺激を受けて、乾燥している手の状態を良くすることが出来なくなるので手荒れが起きてしまうというわけですね。自律神経が乱れる原因としては、

・過度のストレス

・不規則な生活

・バランスの悪い偏食

などが挙げられます。生活環境が悪いと、手荒れが起きやすい体になってしまうというわけですね。

出典 http://hapila.jp

■ケア不足

手を洗った後などに、手を拭かずに自然乾燥させいる人は注意してください。きっちり水分を拭きとっていないと、手に余っている水分で角質層が柔らかくなってしまいバリア機能が弱くなってしまい、手が乾燥しやすくなってしまうので手荒れが起きやすくなってしまうのです。

出典 http://hapila.jp

■乾燥による手荒れ

空気が乾燥する秋冬の季節は、どうしても肌が水分を失い、乾燥しがちになってしまいます。そのため、手の水分も蒸発して潤いが失われてしまいます。

水分が失われると、肌表面は硬くなり、手や指の表面にヒビが入ったり・あかぎれが起きたりもします。

出典 http://hadalove.jp

ただ、乾燥は冬に限ったことではなく、1年を通じて起こりうることだそうです。

レジなどでお札を触ったり、アパレルショップなどで衣類を毎日触ったりしていると、手の水分が奪われて乾燥してしまいます。

■アレルギー

手が荒れるのが嫌だからといって、ゴム手袋を使用して水仕事を行っていると、ゴム手袋が原因で手荒れが起きてしまうことがあります。

出典 http://hapila.jp

美容師さんなど特殊な薬を多く扱う職業は、薬の強い刺激によってアレルギー反応を起こし、手が荒れてしまいます。

このように薬など特殊なものによる手荒れの場合は、通常の手荒れとはタイプが異なりますので、病院で早めに診てもらうことをおすすめします。

出典 http://hadalove.jp

手荒れの改善策は?

■手への負担を減らす

手荒れが起きているときは、手への負担を減らしましょう。

洗い物をする機会の多い人は手袋を着用するようにしましょう。

出典 http://hapila.jp

■保湿を行う

手荒れが起きている際は、しっかりと保湿を行って手のケアを行うことで改善することができます。

保湿成分を含んでいるハンドクリームを積極的に塗ることを意識しましょう。

出典 http://hapila.jp

■食事で改善

体の内側から手荒れの改善がしやすくなる食事を行うことで、治りを早くすることができます。

手荒れに効く食べ物は、皮膚を再生する効果のある「ビタミンE」皮膚の抵抗力を高める「ビタミンA」コラーゲンの生産を手助けする「ビタミンC」健康な皮膚を作るのに必要な「コラーゲン」の4つの成分になります。

出典 http://hapila.jp

■新陳代謝を良くする

新陳代謝を良くすることで、ターンオーバーが活発に行われるようになるので、手荒れの改善が早くなります。

手荒れを改善する栄養分などを摂取しても、代謝が悪いと血の流れが悪いために手まで十分な栄養を届けることができないのです。代謝を良くする方法としては、

・軽い運動を行う

・入浴をする

・ストレスを溜めない

・規則正しい生活を行う

などが挙げられます。生活習慣が悪い人は改善して、程よい運動などを取り入れることで血行が良くなるので、新陳代謝を良くすることができます。

出典 http://hapila.jp

スキンケア大学

出典 http://www.skincare-univ.com

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ